So-net無料ブログ作成
検索選択

パチンコで負けている人はマナーも悪い

18b62c32c619dac919b7f985fdf93d0b_s.jpg

先日、隣に座った60歳代位の女性が
不思議な行動をしていました。

まず座るなり台を隅々までオシボリで拭き始めました。

ここまでは潔癖症なのかなぁと思っていたのですが、10分・・・20分・・・まだ拭いています^^;

いつになったら打ち始めるのかなあと思っていると、さらに台に対して礼をしたり手を合わせたりしていました。

結局座ってから30分から40分位してから打ち始めました。

しかし現実は無情で、そんな祈りが通じるわけもなく1000回転以上のハマリ。

その間、ボタンを壊す勢いで叩きながら。


この話を聞いて笑っている人もいるかも知れませんが、パチンコで負けている人の多くが同じようなことをしています。

○○回転ハマっているからそろそろ当たるだろう。

とか

熱いリーチが来れば祈り、外れれば台を叩いて怒っています。

でもね、パチンコ台はただの機械です。

感情もなければ、パチンコ台の機嫌によって大当たりをつけることもできません。

ただプログラム通り抽選をしているだけです。

本物のパチプロは台を叩くことはしませんし、機械に対して怒ることもありません。

それは、道端に落ちている石ころに対して
顔を真っ赤にして怒っているようなものです。


これを読んで頂いた方は分かって頂けたと思うのですが、

台を叩くマナーの悪い客=負けている

という非常に格好悪い現実です。


パチンコで負けることは、パチンコ屋が悪いわけでもパチンコ台が悪いわけでもありません。

全ては自分自身の責任ですからね。

→パチプロがしている唯一の方法はコチラ

タグ:神眼 台を叩く
Copyright © パチプロになる方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。